シンスプリント改善

こんなお悩みはありませんか

  • スネの内側が痛む
  • 痛いところを押すと飛び上がるほど痛む
  • 走ったり、ジャンプするとスネの内側が痛む
  • 最初の頃より痛みが長引くようになった
  • 足首の固さが気になる

つくば ひよこ整骨院

シンスプリントとは?

シンスプリントは代表的なランニング障害でマラソンや陸上競技、走り込みやジャンプ動作等の動作の多い競技をしている方に多い症状です。

脛骨過労性骨膜炎ともいわれ地面を蹴り出す筋肉を酷使することにより、筋肉が固くなり骨の筋肉のついているところ(骨膜といいます)で炎症が起きます。そのため痛みは骨膜のラインで痛みがでます。

症状が進行すると疲労骨折を起こしてしまい、治るのに時間がかかってしまいます。

シンスプリントの原因

シンスプリントの原因はスネの筋肉の固さです。

筋肉が固くなる原因は様々です。
①膝関節の動きの悪さ

膝はスクリューフォームムーブメントという動きをしています。

曲げたときは内側に回旋し、伸ばしたときは外側に回旋するのですが、激しい練習やストレッチ不足により、筋肉が固くなってしまいます。

それにより膝は正常な運動ができなくなるためにいつも同じ場所に負担が集中します。

負担が常にかかるところが、負担に耐えきれなくなりシンスプリントになってしまいます。
②踵の動きの悪さ

踵は距踵関節という部位によって動きがでます。

この関節の動きの硬さが出ても、動きのクセができてしまい結果シンスプリントの場所に負担がかかってしまいます。

③その他、身体の歪み

身体は連動して動きます。

股関節や、背骨の硬さによりシンスプリント部位に負担が集中してしまうこともあります。

※最初はシンスプリントだったが、疲労骨折してしまっている。

医療機関を受診した時点ではシンスプリントだったが、我慢して練習をしているうちに疲労骨折になってしまった。

または、初期の疲労骨折ではレントゲン上ではキズが映らないため確認できないこともあります。

当院では、エコー検査を合わせて行いますので早期に発見が期待できます。

つくば ひよこ整骨院のシンスプリントの整体は?

①固くなってしまったスネの筋肉の調整

シンスプリントの痛みの原因となっているスネの筋肉、下腿骨間膜を当院独自の最速弛緩法にて緩めます。

シンスプリント部位へのスネの筋肉からの痛みの部分が減少するため、負担を減らし回復を早めます。

下腿骨間膜は体重を支えられる支持機構としての側面もあるので、とても強固な組織です。

ストレッチや安静では柔らかくなならないので、早い時期に緩めてあげるのが早期改善のポイントです。

②ひざのねじれの矯正

ひざが捻れてしまうことにより、正常なひざの運動がしずらくなってしまいます。

ひざの動きを悪くする原因は足の外側の筋肉の過緊張にあります。

この硬さでできた膝関節の動きの異常は、身体の横ブレを大きくしてしまい、スネの筋肉の緊張を生み出します。

ひざの正確な調整はシンスプリントの症状を早期回復させるために大きな役割を果たします。

③股関節の調整

股関節は足をあげる、そらす、内側に捻る、外側に捻る、内側にとじる、外側に開く、足を内回しする、足を外回しする等の複雑な運動をします。

この動きの悪さをかばう形でひざや足首、踵の動きの悪さを作り、シンスプリント部に負担がかかります。

④骨盤矯正

骨盤部は上からの重力を左右均等に重力を分散する役割を持っています。

骨盤がずれてしまうことにより、片方の足に余計に負担がかかります。

シンスプリント部に過度な負担がかかってしまうということです。

骨盤を矯正することにより、重力を左右均等に行くようにし、シンスプリントの足の負担を減らします。

⑤難治骨折専門超音波治療機にて骨癒合を促進する

骨折専門超音波治療器を使用して痛めている骨膜を修復します。

骨折はしていなくても、シンスプリントの早期改善に大いに役立ってくれます。

※当院での使用機器は病院でも使用されているものです。

とても良い治療器ですが、病院では難治性骨折のみ対応となっています。

手術したあとの骨折、二ヶ月以上治らない手足の骨折等。

当院ではシンスプリント整体のメニューにはいっているのでご安心ください

お問い合わせ

メール予約
トップへ戻る