モートン病の整体

こんなお悩みはありませんか

  • 歩くと足がじんじんする
  • 靴の中敷きを変えても痛い
  • 注射をしても思うように良くならない
  • 立っているのも歩くのも痛い
  • なんだか感覚も鈍ってきた

つくば ひよこ整骨院 

モートン病って?

モートン神経種は、足の骨の間を走る足底神経という
神経の枝が障害を受けた際に発症するといわれています
炎症を起こした神経が通っている足指の周りに痛みや灼熱間を感じ、近くが鈍くなります。
シューズで硬くひもを縛った際に悪化し、脱ぐと症状が
が和らぎます。

モートン病の原因

靴が原因でなることが多いですが、
ランニングやジャンプで繰り返し中足指節関節の枝が押しつぶされる炎症を起こします。
モートン病を放置した場合
治療が進まないと痛みがさらに強くなり、神経が継続的にダメージを受けることになります。足の指の感覚は消失し、さらには恒久的な障害が残ることがあります。

つくば市 ひよこ整骨院のモートン病の整体

つくば市 ひよこ整骨院でモートン病の原因は歩行の異常と考えます。

歩行動作において、股関節の動きが大きく関与します。

モートン病で悩む人の多くは股関節の動きが著しく制限されています。

つくば ひよこ整骨院では股関節~膝~足首~足の間の関節~足の指の調整を行い正常な歩行動作の獲得を目指します。

●筋力のバランスも重要です。
例えばどちらか一方のお尻の筋肉が弱っていたとします。
お尻の筋肉がよわってしまうとどちらか一方にかたむいた歩行となります。結果、モートン病になってる足に負担をかけます。
●神経のストレッチ
炎症が起きた神経は浮腫を起こし柔軟性を失います
優しい刺激で神経のストレッチを行い無痛で神経の柔軟性を獲得します。

 

●炎症部への直接的アプローチ

患部への直接的な消炎鎮痛処置も必要です。

つくば ひよこ整骨院では炎症をやわらげる電気、

1秒間に300万回振動を起こし、組織代謝を促す物理療法気を併用しています。

これにより、一般的な整体より加速度的に自然治癒力が高まります。

お問い合わせ

メール予約
トップへ戻る