肘の痛み 肘部管症候群の整体

こんなお悩みはありませんか

  • 肘から小指がじんじんとしびれ、痛む
  • 肘部管症候群といわれたが、お薬がきかなった
  • ものを挟む動作がしづらくなってきた
  • 手をたくさん使う仕事をしている
  • 小指側の筋肉が痩せてきた

つくば ひよこ整骨院 

肘部管症候群ってなに?

肘の神経がしめつけられて絞扼性神経障害です。

肘の内側を通る尺骨神経に負担がかかり、しびれや痛みがでてしまいます。

手仕事の多い仕事をしている男性に多く、重症化すると手術の適応となります。

一般的に言われている肘部管症候群の原因

長時間のパソコンや運転動作、頬杖や肘を曲げて腕を枕代わりにしても肘に負担がかかってしまいます

リウマチやガングリオン、打撲などの病気やケガが原因でも肘部管症候群になります。

つくば ひよこ整骨院の肘部管症候群の整体

①肘の骨がずれてしまうことにより肘部管が狭くなったり、尺骨神経が表層に移動するため障害を受けるものと考えます。

②肘部管は薄い結合組織と皮膚のみで覆われている構造なので、炎症が起きやすく、それにより尺骨神経の滑りが悪くなることによって、結果肘部管症候群になります。

つくば ひよこ整骨院では

肘の関節を矯正したのち、尺骨神経の滑りを良くする整体を行います。

肘を正しい位置に戻すと尺骨神経は負担がかかりづらくなります。

①肘関節がずれ込むことにより、尺骨神経の障害が起こります。

当院ではこの肘の位置を矯正することによって、尺骨神経の負担をへらします。

②全体の骨格の歪みを矯正することによって患部への負担を減らします。

③炎症を起こしている神経周辺の処置のため、炎症を和らげる電気治療を行います。

つくば ひよこ整骨院

お問い合わせ

メール予約
トップへ戻る