スポーツ整体スポーツ整体

あなたはこんな症状でなやんでいませんか?

  • 怪我、骨折、打撲で悩んでいる
  • 子どもの成長痛や部活動でのケガで悩んでいる
  • スポーツのパフォーマンスを向上させたい
  • 同じ部分を何度もけがしてしまう
  • 数年前怪我した所が時々痛んだり違和感が残っている

メディア掲載 スポーツ障害、オスグッドに強い院

腰の施術1

当院では、スポーツ外傷に効果的な施術機器を使用しています。

また、超音波画像観察装置による画像観察評価も伴って行っているますので、安心してご利用下さい。

スポーツ外傷とは

スポーツ外傷とは、大きな外力が身体に加わることによって突発的に生じるものです。例を挙げると転倒や衝突などによって起こる捻挫や打撲、骨折、肉離れ・靭帯損傷などのケガのことを言います。

RICE処置

応急処置の基本は、RICE処置です。RICEとは、rest(安静)、ice(冷却)、compression(圧迫)、elevation(拳上)の四つの処置の頭文字を並べたものです。

RICE処置は捻挫や肉離れなどの四肢の「ケガ」の際に行うことが多いです。

rice処置の画像

  • Rest(安静) スポーツ活動の停止

ケガをしてしまった時にすぐにすること。それはケガをした選手にすぐにプレーを止めることを促し、患部を安静に保つ事です。 人間の体は良く出来ています。ケガをした瞬間から患部を自分自身で修復しようと作用します。ケガをしたまま運動を続けてしまうと、その作用が開始されるので遅くなってしまい、回復を阻害する事になります。

  • Icing(冷却)  患部を冷やす

RICE処置の中でも特に重要だといわれているのが、「I」のアイシングの処置になります。現在ではだいぶ一般的になりましたが、患部を冷やす事によって痛みを和らげることができますし、血管を収縮させる事で腫れなどもおさえる事もできます。

  • Compression(圧迫) 患部を圧迫する

患部をテーピングなどで圧迫しながら巻くことで、腫れや炎症をコントロールする事ができます。あまり強く圧迫しすぎると決量を防ぐ可能性もありますので、知識となれが必要となってきます。

応急処置の圧迫だけでなく、ケガの再発予防にも役立つテーピングは覚えておいて損のないアイテムだと思います。

  • Elevation(拳上) 患部を持ち上げる

ケガをした直後は、安静にすることがまず第一ですが、出来るだけ、楽な姿勢でいる事がもっとも大切な事になります。

さらに、患部を自分の心臓よりも高い位置に持ち上げる事が重要となります。そうする事により、内出血を防ぎ、痛みを緩和する効果が出てきますので、簡単なものを使っての拳上でいいと思いますので、身近なものでも使用してあげるようにしくください。

当院のスポーツ整体施術の方針

スポーツで腰が痛いお子様は、腰椎分離症の可能性が有ります。
子供の頃に体を動かしすぎたことが原因で起こり、将来、すべり症になることもあります。
子供の頃の痛みが大人になっても影響する。
そんなことが・・・、と思われるかもしれませんが、当院のアンケートを読んで頂くと、子供の頃に怪我をして、大人になってから来院されている事例が多いです。
病院で怪我が治ったと言われても、体に違和感がある方は是非、当院へお越しください。
日々、少しストレッチをする、数回通院する程度で治る場合があります。
数年間、ずっと痛い、慢性的な痛みも早期に来院されることをオススメします。

また、成長痛も夜、不規則に膝が痛いと子供に訴えられますが、その度に薬を塗布ではなく、当院に通院して頂ければ、ストレッチ法や、どうすれば悪くなるかを説明します。
セルフメンテナンスできるようになれば、成長痛も繰り返さずに改善します。

また、スポーツのパフォーマンス性の向上も、そのスポーツに応じてゆがんでいるので、そのスポーツに合った体作りを進めていきます。

1.エコー検査にて骨の状態や痛めた靭帯の様子、筋肉の腫脹等を確認します。

2.痛み、腫れを抑え症状をおさえる即効性に長けた特殊な電気施術を行います。

3.適切な固定を行い患部の安静を行い、早期改善に努めます。

スポーツ障害の症状

捻挫

骨と骨をつなぐ関節、周辺組織の損傷のことをいい、関節の可動域を超える外力が加わることによって損傷します。

捻挫の程度により、その場では腫れなくても夜やその翌日になって腫れが大きくことが多くあります。関節の運動時痛のほかに、熱感、腫脹があります。腫脹や 疼痛が強い場合は、筋緊張のために不安定感性があまり強く出ません。ささいなものでも、剥離骨折を伴う場合もあります(特に小児、中高年の女性に多いで す)。

捻挫は軽く考えてしまう方が多いようですが、初期の対応が大変重要です。

骨折

大きな外力が加わる事により骨が傷つき痛みや出血を伴う状態をいいます。骨折の固有症状として、異常可動性、変形、軋轢音があります。

肋骨等軽微な外力で傷ついてしまう箇所においてはエコー検査が大変有効です。

骨折を確認した場合は提携専門医との対診を行いますので安心してご相談してください。

肉離れ

腰の施術1 筋肉を包む筋膜や筋肉の繊維が部分的に伸びたり切れたりした状態の事をいいます。腫脹や限局した圧痛圧痛、皮下出血がみられ、太ももやふくらはぎに多く発生します。損傷が強い場合には損傷部がへこんだりした様な感触が見られます。軽視されがちですが、超音波施術を行いつつテーピングや包帯、サポーターなどを併用する事で施術期間が短縮されます。痛みが軽くなり競技に復帰する場合は徐々に運動強度を上げていきましょう。

急な活動量の増加は再受傷する可能性があるので気をつけて下さい。

お喜びの声

お喜びの声
稲敷市K・Tさん10代男性の声

稲敷市 K・Tさん 10代 男性

1.どのような症状で来院されましたか?

手首のけが

2.初めて施術を受けた時、どう感じましたか?

先生がとても親身で、けがの状態を詳しく説明してくださって、わかりやすかったです。
又、「痛かったね」等、私たちによりそってくれるところが嬉しいです。

3.その後、症状はどのように感じましたか?

日に日に、よくなりました。
痛みもなくなったように感じます。

4.施術をうけるようになってから、ご自身の身体について気がついたことはありましたか?

けがをしやすいところ、体のウィークポイント

5.施術をうけられて他の施術院とは違うと思ったところや、その他ご意見、ご感想などささいなことでも結構ですのでお伝えください。

ギブスをして、固定をしっかりやってくださったので、治りが早かったです。
病院(整形外科)では、ここまでていねいにはやってもらえなかったので、もっと早く来ていればよかったと思いました。

スポーツ障害 のお悩みをひよこ整骨院のブログでチェック!

お問い合わせ

メール予約
トップへ戻る